ケニアと日本をつなぐサイザル物語

~ある女性企業家の視点~

ハゲコウ見守る首都ナイロビは誘惑と危険の街

ケニアの首都、ナイロビ。

イギリス統治下から首都として栄えたこの街は

ビルと人と車が混在している大都会。

 

インターネットでナイロビで検索すると

スリや犯罪など、とにかく悪い情報しか見つかりませんが

実際歩いてみると都会ならではの魅力もたくさんあります。

 

映画館に高級カフェ、ブティック、

アフタヌーンティーの出るホテル、

大手スーパー、ピザ屋さん、など。

普段の生活では縁のない物や場所があり

「上京」するときはちょっとウキウキ。

 f:id:amberhour:20161129202922j:plain

アフタヌーンティーのセットは絶品でした!)

 

また、「アフリカの街ならでは」と言えば

木の上のアフリカハゲコウの群れ。

大都会の中で平然と飛び回る姿は圧巻です。

 f:id:amberhour:20161129203330j:plain

 

とは言っても、私がナイロビに行くときは

大抵道具や備品などの買い付けのためで

そうした物品は華やかなエリアからは

少し離れた雑多な商店街や

泥まみれの市場の中などにあります。

 f:id:amberhour:20161129203812j:plain

(ナイロビ中心街の道。大通りから一歩入るとこの様な雰囲気になります)

 

これはこれで、現場で仕事をしている者ならではの経験ができるので

個人的には好きな時間です。

しかも、同行してくれる同僚のガブリエルは大の歴史好きなので

市場の名前の由来や特徴を詳しく教えてくれるので

ナイロビのことを深く知れて、勉強にもなっています。

 

カウボーン(牛の骨)をあしらったアクセサリーを

手作りで作ってくれているお店に足を運んだり

f:id:amberhour:20161129204131j:plain

市場の研ぎ師さんにハサミを研いでもらったり

f:id:amberhour:20161129204853j:plain

5万とビーズが並ぶお店で商品開発に使えそうな物を選んだり。

f:id:amberhour:20161129205027j:plain

まさに現地で働くことの醍醐味!

 

さて、先月ナイロビに向かったときのこと。

たまたまバスで降りたところから目的地に向かうのに

中心部のいわゆる「永田町」エリアを通ることになりました。

 

議会や国際会議場の近くをとおり、

やっぱりナイロビのこちら側に来ると、きれいな街だな・・・

と思っていたところ、突然くしゃみに襲われました。

 

クシュン、クシュン、と止まらないくしゃみに

花粉症?と呑気なことを考えていたら

隣のガブリエルが

「ああ、ひかるも気付いた?催涙ガス

と一言。

 

はい・・・?

催涙ガス???

 

いや、経験したこともないから

これがそうかもわからない・・・

 

よ~く道路を見てみると

プラカードの残骸のようなものや

紙屑が脇に掃いてあり

白ピンク色の粉のような物が確かに

道にスプレーされた跡があり。

 

どうやら私たちは、デモが終わって間もない通りを

歩いていたようなのです。

 

普段、デモに近いような音がすればすぐにその場を離れるのですが

このときは、あまりに街が静かで、みんな普通にしているので

デモがあったことすら全く気付きませんでした。

実際、道を歩く人の中でも私が一番くしゃみしていたので

時間が経って残っていた催涙ガス

私が人一倍敏感だったのかもしれません。

 

それにしても、人生で初体験の催涙ガス

まさかケニアで、しかも自分が全く関わっていないデモの残骸で経験するとは・・・

 

せっかく、久しぶりにオシャレな場所に歩けたのに

すっかり気落ちしてしまい

足早に次の場所へと向かいました。

 

ふと見上げると、通りの向こうにハゲコウが2羽。

 f:id:amberhour:20161129205912j:plain

ハゲコウ~、ちゃんと街を見守ってね

と話しかけてみたものの、

「そういう街なのさ」と言わんばかりに

ハゲコウは知らんぷり。

 

ちょっと怖い思いをしたナイロビ訪問。

それでも、その誘惑に負けて

また行ってしまうだろうな・・・