ケニアと日本をつなぐサイザル物語

~ある女性企業家の視点~

太陽と埃の中での大掃除はチームビルディング?

皆さま、こんにちは。

アンバーアワーのひかるです。

 

先週、やっと工房の大掃除を実行しました!

1日で終わるのか、不安な気持ちで始めましたが

予想以上に楽しいイベントとなりました。

 

まずは、いっぱいあった荷物を全部表に出し

工房の中はすっからかん。

1年で積もった埃と糸が太陽の光でキラキラし

思わず、「太陽と光の中で」という

古い歌を口ずさんでしまいました。

f:id:amberhour:20151021062433j:plain

外では、運び出した織り機やテーブル、道具類を

女性スタッフが一つ一つ丁寧に拭いての掃除。

全員主婦なので、とにかく手際が良く

どんどん物が磨かれていきます。

f:id:amberhour:20151021062439j:plain

今回気付いたのですが、人と掃除をすると

その人の性格が結構分かるものですね。

頼まないでも次から次へと進む人

ちょっとさぼっちゃう人

自然とリーダーになっちゃう人

丁寧にする人、しない人

疲れやすい人、パワーがあふれている人。

 

日々の仕事で皆のことは大体知っていますが

それでも新たな一面を見ることもできて

椅子を洗いながらこっそり観察してしまいました。

 

予定よりもはるかに速いスピードで掃除が進み

11時にはちょっと早めのティータイム。

思い思いの飲み物を手に、太陽の下で一休み。

特別何か話すわけでもないのに、

一緒に作業するだけで一体感が生まれるから

不思議です。

f:id:amberhour:20151021062426j:plain

 

さて!一日掛かった掃除を終えた工房は

相変わらずちょっと暗くてちょっとグレーですが

棚が整理され、埃も目立たなくなり

以前よりは少し過ごしやすくなりました。

f:id:amberhour:20151021062434j:plain

ミシン担当のワンザ先生に棚のカーテンや

玄関の暖簾(のれん)も作ってもらい

息を吹き返した工房。

織り機用の椅子も高さを直して織子さんの名前を

それぞれに書いたところ皆大満足。

f:id:amberhour:20151021062458j:plain

そもそも、「このままでは製品が汚れる!」という

危機感から決行した掃除でしたが、

結果的にスタッフとの距離も縮まり、

思わぬチームビルディングの機会となりました。

 

唯一の心残りは、バンダナで耳を隠さず外にいたため

生まれて初めて耳が日に焼けて痛い、

という経験をしたことです・・・

が、それさえも皆のネタになったのでわたしも満足。

 

柔らかな光が差し込む工房で

また、ものづくりが始まります。