ケニアと日本をつなぐサイザル物語

~ある女性企業家の視点~

ある時は売り子、またある時は織子?!その正体は七変化マーケター

皆様、こんばんは。

マーケティング部のひかるです。

 

さて、最近は販売の方で忙しく、

週末のマルシェや期間限定ショップの運営、

そして今月、来月と控えているイベントの準備で

ミツバチの様にそこら中を飛び回っています。

 

その様子を見て、周りの方からは

「ひかるちゃん、充実しているわね~」

と言っていただくのですが、

 

実は・・・

心はずっとジタバタ、ジタバタ。

 

誤解がないように書きますが、

販売の機会があるのは

とっても幸せなことです!

たくさんのお客様にお会いできて

アンバーアワーを知っていただける機会も増え

営業冥利に尽きる!という経験が

たくさん、たくさん増えています。

充実していて幸せなのは事実です。

 

ただし・・・

仕事が多岐に渡るため、一つに集中すると

他が気になってしまうのもまた事実。

 

ネットショップでしたいこと、

まだまだいっぱいあるし・・・

新しく提案したいバッグの色も

撮りたい宣材写真も

作ってみたい新商品も

相談したい専門家も、職人さんも、

あぁぁぁ、あれもこれも

24時間じゃ足りないよ~~!!!

 

ジタバタ、ジタバタ

 

ところが、思わぬきっかけがありそんなジタバタの一つを先日解消することができました。

 

それは、「織り」。

ケニアの織り工房は今、信頼する仲間に一任していますが

思い返せば去年の今頃は同じ工房で

機織り機と奮闘していた私。

それ以来、すっかり織りの虜です。

 

日本での仕事が山積みの中ケニアに行けないけれど、

少なくとも織り機に触れないかしら・・・

と思っていたところ、

専門家の方に相談しなければいけない事ができ、

今だ!とアンバーアワーの強力な助っ人

箕輪直子先生のところにいそいそと向かいました。

 

箕輪さんについては公式ブログで一度紹介済みですが

とにかく、私にとっては織りの女神様です。

いつ行っても親身になって相談に乗ってくださり

適切に、丁寧に各工程でアドバイスしてくださいます。

 

雨の日の午後。

五反田にある箕輪さんの織りスタジオに向かい

早速、現在直面している課題を説明。

 

色々とアイデアが飛び交う中、

「とにかく、やってみましょう!」となり

その日も実際織りを体験することになりました。

 

まずは、必要な糸の長さと順番を測る

「整経(せいけい)」。

糸を2本使いながら簡単に測っていく方法を

伝授していただき、感激。

(この整経機で必要な糸を測ります)

 

次に、測った経糸(たていと)を

筬と呼ばれるパーツに通していき・・・

それを今度織り機に設置。

(筬にサイザル糸を一本一本通す作業)

(通し終わった後、試しに織って様子を見ます)

 

織りは、実際織っている時間よりも

この準備段階に時間と労力がかかります。

準備を間違えると製品が台無しになるので

どの工程もとても大切!

 

準備完了でやっと織る段階に。

ここでも、色々と工夫が入ります。

(靴を脱いだ方がペダル踏みが楽です♪)

 

ペダルを踏んで、筬を手前に引いて、

カッタン、コットン、カッタン、コットン

ああ~、なんて良い響き。

そして、この懐かしい糸の感触。

横糸を通すときに最初ちょっと強情な感じ。

嬉しい、懐かしい、楽しい

 

やっと織り上がって、ふと時計に目をやると

なんと、糸の整経から初めて、

たったの2時間!!

ケニアで独りで奮闘していたときは

半日掛かった作業が2時間なんて!

恐らく、サイザル織り史上、最短記録です!

 

途中、私の理解が足りなかったところを

全部丁寧に説明し、お手本を見せてくださった

箕輪さんには本当に感謝の気持ちしかありません。

 

因みに、こちらが完成品です。

色々と試行錯誤しながらの織りなので、

「生地」という感じはありませんが、

ちょっとおしゃれなチェック柄に仕上がりましたよ。

やっぱり、楽しいな、織り。

奥が深いな、もっと勉強したいな

きっとまだまだケニアに伝えられること

あるんだろうな~

 

・・・

 

ジタバタ、ジタバタ

 

・・・

 

ケニアに行きたいよ~!

みんなと織りたいよ~!

 

ジタバタの正体は、ただの駄々っ子?(笑)

 

因みに、この日の体験については

いつも楽しい箕輪直子さんのブログでも

紹介していただいていますので、

よろしければ是非そちらもご覧ください。

(箕輪さんは、私が気付かない内に写真を

撮るのがとてもお上手です・・・)

↓    ↓    ↓    ↓    ↓

 

私はとりあえず、次のジタバタを収めてきます。

ameblo.jp