ケニアと日本をつなぐサイザル物語

~ある女性企業家の視点~

アフリカで学んだカラーコーディネート?マーケティング部、色あそび中。

こんばんは。

マーケティング部のひかるです。

本日のブログは訳あって、私だらけです・・・

「ひかるで満腹」と思われないことを願いつつ、始めます。

 

先日、ある方に「バッグのデザインやカラーはどう決めているのですか?」とご質問を頂きました。

それもそのはず、アンバーアワーの自称デザイナーと言いながら、

いざ経歴を見ると、デザインの勉強をしたわけでも、

ファッション業界に身を置いたわけでもなく、

私服も至って普通(むしろ地味)。

不思議に思われても仕方ありません。

 

強いて言うならば、昔から色遊びは大好きでした。

色鉛筆は最低でも36色なければ嫌だったし、

色の組み合わせを工夫しながら立体折り紙(くすだま)を趣味で作っていました。

設立当初に紅一点としてカラー選びを任されたときは

大好きな色選びを仕事にできる!とワクワクしました♪

(残念ながら今持っているセットは12色のみ・・・)

 

とはいえ、仕事は仕事。

私の好みだけで決めては商品になりませんし、

そもそも私自身まだ未熟者。

女性誌をたくさん読んだり、様々なお店やオンラインショップを拝見し、

ファッション好きな知り合いに教えてもらい

スケッチしたり模型を作ったりしながら進めてきました。

 

うん、大丈夫。

リサーチもたくさんしたし、かなり幅広いデザインやカラーを入れられたから

「ひかるカラー」だけになってないはず。

 

例え、たまたま自分のコーデにピッタリのバッグがあったとしても・・・

あれ・・・もう一つ・・・?

あれ・・・あれれ・・・?汗

あんなに気を付けたはずなのに、

なんか「ひかるの定番カラー」全開な気がーー?!

 

待て、待て。

アフリカに行って学んだではないか。

派手な色や柄を恐れないことを。

ベーシック以外のものの楽しさを!

 

アンバーアワーを始める前に2年間住んでいたガーナでは

私はすっかり現地の布のとりこになり

色鮮やかで柄の多い洋服を好んで作っていたのです。

  

自分に似合う色はこれ、と分かったつもりになっていても、

実は、機会がなくて今まで挑戦しなかった色って意外とあります。

私はガーナという異文化に行くことによって

自分でも知らなかったカラーをたくさん発見することができました。

 

デザインを選ぶときの大きなポイントは

お客様が日本で気兼ねなく使えるバッグであること。

 

とは言え、

ブラック&ホワイトの様なクラシックな色合いの他にも

ワイルドな色合いでありながらも、

日本で可愛く使えるカラーの組み合わせがきっとあるはず。

「日本に似合う色」をこちらで勝手に決めつけてはいない?

 

そう思いなおして色鉛筆を取り出し、

スケッチブックと頭の中のキャンバスをフル活用しながら

新しいデザインの注文を書き出していきました。

 

 

 

さて、いざイベントに出してみたところ・・・

紫と白のマーブル柄のバッグと

黒いシンプルなバッグをそれぞれ持って悩んでいるお客様が。

「普段使うのには黒い方がいい気がするんだけれど、

どうしてもこの紫に惹かれてしまって・・・」

 

あ~、この感覚。

私がガーナで味わった感覚そのもの。

「持っていただくと意外と派手でなく

馴染むことが分かりますよ」とお伝えし

鏡の前にお連れしたところ、

納得して鮮やかな紫のバッグを買っていかれました。

 

アンバーアワーのカラーは

これからも、どんどん増えていきます。

どうぞ、オンラインショップやイベントにいらしてください。

もしかしたら、あなたも知らなかった「あなた色」に

出会えるかもしれません。