ケニアと日本をつなぐサイザル物語

~ある女性企業家の視点~

アースデイマーケットに出店!そして5月から始まる新たなサービスとは?

皆さま、こんばんは。

マーケティング部のひかるです。

突然、初夏の様な暑さが舞い込んできましたが、

皆さま体調は崩されていないでしょうか

 

暑いと言えば、先週の日曜日!

4月26日に前回お知らせした「アースデイマーケット」に出店致しました。

 

この日はとにかくお天気が良く、

色鮮やかなバッグが映えてとてもよかったのですが、

おかげさまで私は首筋が日焼けで真っ赤になってしまいました。

日焼け止めはまだ早い、と侮ってはいけなかったです(^^;)

 

アースデイマーケットとはそもそも

環境に配慮した農業を目指す小規模農家の方々を応援するために

始められたファーマーズマーケットだそうです。

 

農家の方々に販売する機会を増やすことだけでなく、

その場で環境保護や有機農法などの

アイデアについてメッセージを発信して、

共有する場にしたいという想いから始まりました。

 

10年目を迎えた今は店舗の種類も増え、

私たちのような雑貨やフェアトレード品を扱うお店なども増えましたが、

基本の趣旨は変わりません。

生産者が直接、お客様と話せる場。

商品への想いを伝え、こだわりをご説明できる場。

そのお客様との近い距離が魅力で、この度初めて参加しました。

 

実際に参加してみると、お客様との距離は近い、

というより「至近距離」!

当日はアースデイマーケットの他に、

カンボジアフェスティバルやレインボーパレードも

行われていたため公園中が賑やかで、

本当に大勢の方にお会いすることができました。

 

サイザルバッグをご存じの方。

かごバッグは好きだけれど、サイザルはご存じなかった方。

手に持ってバッグの軽さに驚かれる方。

何種類ものバッグを鏡の前にかざして自分との相性を確認する方。

 

店員として適切な表現ではないかもしれませんが、

どなたも思い返すと愛おしいお客様です。

 

そんな愛しいお客様とお話していて、

やはり話題に上がったのがプレゼントとしての使用です。

以前も書きましたが

私が目指すアンバーアワーの商品は「思わず人にあげたくなる品物」。

実際、日曜日に観察していたところ、

娘さんがお母様にバッグを買ってあげたり、

逆にお母様が娘さんにプレゼントしたり、

プレゼントとしてバッグを見にいらした方が多くいらっしゃいました。

 

「彼女の誕生日がもうすぐだから、

彼女の大好きなブルーのバッグが欲しい」と

相談してくださった男性もいらっしゃり、

彼女に渡すシーンを勝手に想像してニヤニヤしてしまった私。

 

誰かのためを思って買うプレゼントは、

また違った魅力がありますよね。

 

そんな皆さまの気持ちにお応えし、

アンバーアワーのオンラインショップでは

5月からメッセージカードサービスを始めます。

 

私どもの商品はいつも茶色い包装紙に包んでお送りしていますが、

そこに50字以内のメッセージを添えることができます。

 

カードのデザインは2種類。

カラフルなクローバー柄

ちょっとシックな花柄

もちろん、その際は領収書は同封致しません。

 

5月10日の母の日はもちろん、

大切な方のお誕生日やお祝い事、

感謝や励ましの気持ちを伝えられたいときなど、

是非このサービスをご利用くださいませ。

詳細はホームページに載せます!

 

暖かい日差しと温かな気持ちに包まれたアースデイマーケット。

来月も出店する予定ですので、前回いらっしゃった方も、

お忙しかった方も是非お立ち寄りください!

お待ちしております♪